UKARAKI -IT 戦士 Blog-

アクセスカウンタ

zoom RSS 【日商簿記1級 第150回】自己採点(問題解説会)

<<   作成日時 : 2018/11/20 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

解答速報会と問題解説会に参加しました。

予想解答を使っての自己採点結果は下記となりました。

【商業簿記】10点(15点)
【会計学】12点(15点)
【工業簿記】14点(10点)
【原価計算】5点(10点)

【合計】41点(50点)

( )は受験直後の自己予想点数

○商業簿記
問題:10/25

○会計学
第1問:4/5
第2問:8/15
第3問:0/5
 
○工業簿記
問1:2/4
問2:0/2
問3:4/5
問4:8/14

○原価計算
第1問:2/17
第2問:3/8

商業簿記は解答を後回しにした(飛ばした)繰り越し商品、未着品が想像以上に時間がかかる問題だったという印象です。為替差損益についても最後に数字だけ埋めましたが、きちんと考えないと得点できないようでした。2つの空白は、「のれん」「その他有価証券評価差額金」は正解していたようですが、数字が間違っていたので得点には結びつかなさそうです。

会計学は問題2で、記号と金額が別採点になるのかが得点に影響しそうです。(記号は4つ正解していたが、数字は2つしか合っていなかった。問題3の記述問題ですが、予想解答と全く異なることを書いていましたが、書いただけで部分点がもらえるかどうかが気になります。

工業簿記は想像より得点していました。問3と問4で半分程度正解していそうですが、この難易度だと20点は目標にしたいとのことで、問1と問2で点を落としていることが悔やまれます。

原価計算は、想像に反して一番できが悪かったでした。解く時間が足りなかったので、計算用紙に解答をメモしていなかったので、問3でもう少し点数が入るかもしれませんが、10点を超えるのは難しいように思えます。第2問で、文章で問われている内容を間違って理解しているところがあり、もったいなかったです。

さすがに、15回以上受験しているため、出題形式で新しいところがでるものの、問われている内容自体は「以前でたことがあったな」と思うことがほとんどです。ただ、解き方、理解をしていないため、解答ができない、つまるという状態ですので、次回試験に向けて改めて学習をし直します。


今回も結果は厳しそうですが、今回を過去問として復習し、次回試験を頑張ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【日商簿記1級 第150回】自己採点(問題解説会) UKARAKI -IT 戦士 Blog- /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる