UKARAKI -IT 戦士 Blog-

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシアワールドカップ最終予選 第9戦 オーストラリア戦

<<   作成日時 : 2017/08/31 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【試合結果】日本(44位) 2-0 サウジアラビア(45位)(ホーム)
【予想スコア】2-1(岡崎選手、本田選手が得点予想)
【個人的着目選手】乾選手、浅野選手、井手口選手

上位3チームが勝ち点1差で並んでいて、日本は残り2戦、本日のオーストラリア戦に勝利すれば、W杯出場が決まります。オーストラリアは最終戦無敗、日本は本田選手、香川選手が出場機会が少なく、コンディションが気になる選手も多いです。

スターティングメンバーは予想とは大きくことなり、怪我から復帰した長谷部選手の前2人は、山口選手と井手口選手がインサイドハーフ、3トップの両翼は浅野選手と乾選手と、身長とフィジカルで勝るオーストラリアに対し、アジリティとスピードで対抗する布陣です。

試合は、攻めにかかる日本に対し、オーストラリアは受けに回ります。日本はコーナーキックを多く獲得しますが、ポストが1回でなかなか決定機がつかめません。対するオーストラリアは、自陣後方でパスを回しつつ縦に入れる、もしくはカウンターで攻めてきます。

勝負が動いたのは後半40分、相手の前線と最終ラインのバイタルエリアが空いたところに、長友選手がクロスを入れ、ファーにいた浅野選手が相手ディフェンダーから裏に抜け出してあわせて先制します。(オフサイドぎりぎりに見える、絶妙なタイミングでした)前半はこのまま終了、1点リードで後半に入ります。

後半、オーストラリアは同点にすべく日本戦9戦5発のケーヒル選手が途中出場します。ゴール前に詰められて混戦になるところがありましたが、なんとか守り切り、後半32分に惜しいシュートをした井手口選手がその5分後に、ペナルティエリア前からの鋭いミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、2-0、このまま試合終了し、日本のW杯出場が決定しました。

ブラジルW杯も、ホームのオーストラリア戦で出場を決めており、2大会連続、しかも今回はオーストラリアにW杯予選の初勝利ということもついてきました。得点を決めたのは22歳の浅野選手、21歳の井手口選手と、若手の選手で、世代交代も進んでいるという印象も受けました。

今から、本大会の抽選、そして来年の本大会が楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシアワールドカップ最終予選 第9戦 オーストラリア戦 UKARAKI -IT 戦士 Blog- /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる