UKARAKI -IT 戦士 Blog-

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカーロシアW杯アジア2次予選】シリア戦

<<   作成日時 : 2016/03/29 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【試合結果】日本(56位) 5-0 シリア(123位)(ホーム)
【予想スコア】予想せず(日本の勝利)
【個人的着目選手】香川選手、本田選手

2次予選の最終戦となります。前半30分すぎからのTV観戦でした。シリアとの勝ち点は1差であり、勝利してグループ1位で最終予選に進みたいところです。

スターティングメンバーには、本田選手、香川選手、宇佐美選手が復帰、前半開始直後から、日本はボールを保持し、シリアがカウンターを狙うという展開となります。

日本は激しくプレスに行き、クロスボールも多く上げてゴール前に迫りますが、なかなかゴールが割れません。それでも、前半20分前に、香川選手のクロスを相手ゴールキーパーが弾き、それが相手ディフェンダーにあたってオウンゴールで先制します。前半戦は追加点はならず、そのまま終了します。

試合が動いたのは後半で、9分に山口選手が空中でボールにヘディングに行ったところ、遅れて飛んできた相手と接触、流血により負傷退場となり、交代で原口選手が入ります。原口選手はボランチに位置にそのまま入り、ドリブルで前に持ち上がることにより、日本の攻勢が高まります。ここで、ペナルティエリアで本田選手が競り合ってからのパスを、香川選手が胸トラップからの反転シュートが決まって、2点目を獲得します。

このあと、金崎選手、清武選手が交代で入り、後半40分すぎからゴールラッシュが始まります。カウンターから香川選手が抜け出してパス、本田選手が頭であわせて3点目、さらに香川選手がキーパがはじいたボールを押し込んで4点目(2つの得点シーンに金崎選手もきっちりボールに詰めていたのもゴールへの意識という面で印象的でした)

ロスタイムには、長友選手のオーバーラップからのクロスに、ゴール前に入っていた原口選手が決めて5点目、このまま試合が終了しました。

得点だけを見れば、完勝といえますが、後半はシリアもカウンターからチャンスを作っており、西川選手のセーブや長谷部選手の身体を張ったスライディングブロックがなければ、1〜2点は失点していた可能性がありました。ですが、結果として2次予選の計8試合を無失点で乗り切り、日本の強さを見せた結果となりました。


この試合は、同時に岡崎選手の記念すべき代表出場100試合目でもありました。(キャプテンマークをつけて入場)個人的には、長谷部選手(96試合出場)、同世代の長友選手(88試合出場)、本田選手(80試合出場)もトップコンディションを維持して、ロシアワールドカップの時点で、100試合出場となっていて欲しいです。

6月からは最終予選が始まります。ワールドカップ出場に向けて、応援していきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【サッカーロシアW杯アジア2次予選】シリア戦 UKARAKI -IT 戦士 Blog- /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる