UKARAKI -IT 戦士 Blog-

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカーロシアW杯アジア2次予選】シンガポール戦

<<   作成日時 : 2015/06/16 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【試合結果】日本(52位) 0-0 シンガポール(154位)(ホーム)
【予想スコア】予想せず(日本の勝利)
【個人的着目選手】本田選手

ハリルホジッチ監督の元で、2018年のロシアワールドカップ予選が始まりました。予選に先立ち、5日前に行われた親善試合(イラク戦)では4-0で勝利(最初の10分で2点を獲る)、本試合でも快勝と信じていました。

先発メンバーに関しては、長友選手が外れた(※)のが予想外でしたが、後はイラク戦と同じです。(※コンディションが良いとのコメントが出ていましたが、前日練習で筋肉に張りがあったようです)

試合開始から日本は縦に速い攻めで、10秒も経たずに相手ゴール前で、チャンスを作っていました。これから、試合終了まで、日本が常に攻める展開で、ほぼ相手側のハーフコートだけでボールが回って行きます。

ミドルシュートや、コーナキックからのセットプレー、フリーキックそれぞれで前後半通算で、20回以上のシュートチャンスがありますが、相手ゴールキーパーのファインセーブ(特に、弾いたゴールがこぼれて、ゴールラインを割る直前で身体を伸ばして掻きだした場面、本田選手のヘディングを片手で弾いた場面)に阻まれ、1点が遠いです。

後半15分〜35分にかけて、3人の選手交代、残り数分は吉田選手が前線にあがりパワープレー体勢となりましたが、最後までゴールを割ることができませんでした。

シンガポールの喜び方、日本サポーターからのブーイングに近い歓声から、負けに近い引き分けという印象です。TV観戦している自分としても、後半からは相手が全員引いていたこともありますが、縦に早い攻撃が出てこなくなっていたのが気になりました。チャンス自体は前述のシュート数からも作れていることは確かで、アジアカップのUAE戦と重なるように思えます。

日本は今までも予選初戦で苦労しており、ハリルホジッチ監督の前日会見「この試合には罠が仕掛けられている」(日本としての慢心、油断)が的中したように見えます。次の公式戦までには、東アジアカップが入ってくるため、新戦力含めて、次は勝利できるよう応援していきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【サッカーロシアW杯アジア2次予選】シンガポール戦 UKARAKI -IT 戦士 Blog- /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる