UKARAKI -IT 戦士 Blog-

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカーブラジルW杯】グループリーグ コロンビア戦

<<   作成日時 : 2014/06/25 07:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

【試合結果】日本 1-4 コロンビア (ブラジル:クイアバ)
【予想スコア】引き分け(2-2)
【個人的着目選手】青山選手、岡崎選手

日本時間午前5:00キックオフで観戦しました。大久保選手が引き続き先発となり、長谷部選手のコンビ役として青山選手が先発となりました。コロンビアは前戦から8人を入れ替えてきました。

前半
終始、日本が押しこむ形になりました。前2戦と比べて、前からのプレスや縦パスをどんどん入れていく、積極的な攻めであり、コロンビアは防戦一方になっていました。ゴール前までボールを持っていくことができ、ミドルシュートやフリーキックもありました。ギリシャ戦とは違い、得点の可能性が感じられます。

ただ、先に点を入れたのはコロンビア(ペナルティエリアでのファイルで、PK失点)であり、日本は追いかける立場になります。リードしたコロンビアは引き気味になったため、ますます日本のボール保持率は上昇し、攻め続けますが、相手に弾かれ続けます。アディショナルタイムは1分で、このまま後半かと思っていましたが、続けていた縦への意識が実り、終了10秒前に、岡崎選手のヘディングで同点、試合をふりだしに戻しました。

もう一方の、ギリシャ対コートジボワール戦はギリシャが1点リードしており、勝利すればグループリーグ突破の可能性が出てきました。

後半
コロンビアは後半開始から、10番でキープレイヤーのハメス・ロドリゲス選手が入ります。(日本は交代なし)この選手が、2点目のクロス、4点目の一人での突破で勝負を決定付けました。日本も、クロスから本田選手がニアで潰れて、大久保選手があわせたり、ペナルティエリア付近からのシュート、本田選手の4本目のフリーキック等の機会がありましたが、得点まで結びつきませんでした。前半同様、日本の方がボール保持率が高かったですが、最後のフィニッシュが合わない(こぼれ玉への飛び込み等)場面が続きました。

選手交代では、青山選手→山口選手、岡崎選手→柿谷選手、香川選手→清武選手でしたが、自身の想定とは違っていました。縦パスを供給していた青山選手、先取点をとった岡崎選手はそのまま、ドリブルができる斎藤選手を観てみたかったです。(この場合、長谷部選手→山口選手、香川選手→大迫選手、大久保選手→斎藤選手)コロンビアが守りからのカウンターに作戦を切り替えていたこともあり、守備にまわる山口選手以外は、ボールに絡む機会がほとんどなく、難しい状態でした。

もう一方の試合は、ギリシャがロスタイム弾でコートジボワールに勝利、グループリーグ突破となりました。得失点差を考えると、日本は2-1で勝っていれば突破できていたので、残念です。

ただ、グループリーグ3戦の中では「勝つしかない」という気合で、積極的に前にいっていて、一番よかった内容だと思います。(最後のパワープレーがなく、4年間のスタイルを貫いたと思います)

最終戦はスコア、相手の最後の交代(キーパー)含めて、8年前のドイツワールドカップと重なりました。ザッケローニ監督、長谷部選手、本田選手の試合後インタビューまで観て、悔しさ、落ち込みという感情がありますが、気を取り直して、次の試合(2015年1月のアジアカップ)を楽しみにしようと思います。(本田選手は、代表引退せずに新体制の元でこれからも活躍してほしいです)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私見
コートジボワール戦/
コートジボワールの選手たちの体力・バイタリティに翻弄・対処できていなかった感。
ギリシャ戦/
お互いに様子見で決定力、「決めてやる!」という意志のちからが感じられず。
コロンビア戦/
日本は後が無いので攻めるしか無く、コロンビアとしても「どうでもいい」という試合でもないので力を抜くということはなかった。
結果として点の取り合い的になり、日本は回すなりの後クロスや縦でゴール前、コロンビアはカウンターからの速攻という手段で、日本が守りに意識が弱かった分大量失点、日本は後半動きが鈍く(体力か)決定力不足。
総括:
やはり世界の強豪と太刀打ちするには、明らかに力不足と言わざるを得ない。かつて無名の国も力つけてきてるので、次回は予選すらどうなるか…。と言ったところか。
忌避
2014/06/25 07:47
今回、アジア勢は日本含む4カ国すべて1勝もできずグループリーグ敗退しましたので、アジア枠の削減の話もありそうです。次回(ロシア大会)出場できるよう、今回以上に代表強化を期待したいです。
藤正
2014/06/28 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
【サッカーブラジルW杯】グループリーグ コロンビア戦 UKARAKI -IT 戦士 Blog- /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる