UKARAKI -IT 戦士 Blog-

アクセスカウンタ

zoom RSS 【平成26年度春期 情報処理技術者試験(ES)】試験所感

<<   作成日時 : 2014/04/20 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


初めての会場で、駅から逆方向に向かったりして迷いつつも、時間前に到着しました。会場(中央工学校)に入って、試験教室のまでの間が庭園風になっており、洗練された雰囲気でした。

以下、各試験の所感となります。

【午前U】(試験時間40分)
全25問のうち14問が過去問(学習で見たことがある問題)でした。予想に反して、電気・電子回路の出題が少なかったこと、計算問題が過去問にあったこともあり、手応えを感じました。(ここ数回の中では、一番良い出来です)試験後の見直しで、MPUのウェイト・レディ機能(過去問)は間違えていましたが、それでも20問は取れそうです。

【午後T】(試験時間90分)
問1は解答必須であり、ICレコーダーが題材でした。一気に解くつもりでいきましたが、設問1から躓き、40分経過した時点で解答欄が半分しか埋まりません。時間配分を考えて、次の問題は、つまっていた部分(タスク動作)が同じである、問2の自動販売機を選びました。

こちらも残り30分で設問1までしかとけず、焦りの気持ちがでましたが、考える余裕がなく、とにかく何とか解答欄を書いていきました。それでも、問1、問2で3〜4箇所の解答欄が空になり、突破が厳しい結果になりました。

【午後U】(試験時間120分)
問1は車両の安全運転システム、問2は内視鏡の問題でした。午後Tの出来の悪さを引きずっており、次(秋期)につながる問1(ホッブ数等、ネットワーク系の出題あり)を選ぼうかと思いましたが、計算問題が少なそうな問2を選びました。(午後Tで時間がかかった理由の一つとして、計算問題があったため)

午後Uは1題だけなので、2題解く午後Tと時間を入れ替えてもらえればと思っていたのですが、こちらの午後Uは時間が余るという予想に反して、時間がかかります。理解がしきれず、状態遷移図の小問が手付かずのまま、時間切れとなりました。


午前Uでいいスタートを切れましたが、午後問題に対応しきれなかった結果となりました。タスクや状態遷移図の理解が足りず、実力(学習)不足を思い知らされました。午後Tの突破は難しい状況ですが、午後Uの採点、合格はまだ諦めずにいようと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【平成26年度春期 情報処理技術者試験(ES)】試験所感 UKARAKI -IT 戦士 Blog- /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる