UKARAKI -IT 戦士 Blog-

アクセスカウンタ

zoom RSS 【男子フル代表】国際親善試合 ベルギー戦

<<   作成日時 : 2013/11/20 07:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【試合結果】日本(44位) 3-2 ベルギー(5位)(ホーム)
【予想スコア】2-1で日本の勝利
【個人的着目選手】本田選手、柿谷選手

オランダ戦から中2日でのベルギー戦です。FIFAランキングはオランダより上、相手は中4日というコンディション、190センチを超える選手もおり、苦戦が予想されました。スターティングメンバーの見所は、センターバックに森重選手、両サイドバックが酒井宏樹選手、酒井豪徳選手となっているところです。(前述のとおり、オランダ戦の疲労の点と、選手を試す両方があったかと思います)

試合直後からベルギーが前に出てきますが、日本も中盤から前でパスがつながります。ほぼ互角の展開だと観ていたところ、カウンターからの対応不手際(キーパーがペナルティエリアでかわされ、ゴール前のパスに対して相手に体一つ前にいかれてしまった)

この勢いで相手のペースでいってしまうのかと不安になりましたが、前半のうちに酒井宏選手からのクロスに柿谷選手が頭にあわせて同点、このまま後半に向かいます。

後半開始から遠藤選手と岡崎選手が入り、両選手が決定機を演出しました。遠藤選手のパスを本田選手がゴール前でフリーで決め2点目、柿谷選手のアシストから岡崎選手が決めて3点目、これで2点のリードです。

この後のザッケローニ監督の采配からは、「守りきって勝つ」というメッセージを受け取りました。ただ、ホームのベルギーにコーナキックから1点を返され(日本選手が全員飛べずに棒立ち状態だったのが気になりました)、追いつかれるのではと焦りましたが、ロスタイム4分を乗り切り、勝利しました。(最後は本田選手が自陣ゴールまでディフェンスするという気迫でした)

欧州遠征2戦で1勝1分という、10月はなんだったのかというほどの好結果となりました。本試合では、ここ数戦得点がなかった、柿谷選手、岡崎選手が決めたのは大きいです。ザッケローニ監督は「結果より内容を重視」的なコメントを遠征前にいっていましたが、内容は充分だったのではないかと思います。(あえて1点をあげると、コンフェデレーションカップから失点(0点完封)が続いているのは気になるところです)

今年の代表選は終了し、次回は来年3月とのことです。時間はあきますが、来月にはワールドカップの組み合わせ抽選会もあり、5月だと思われる代表選手発表までに新たな選手が活躍して入っているくるのか、いろいろと盛り上がってきそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【男子フル代表】国際親善試合 ベルギー戦 UKARAKI -IT 戦士 Blog- /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる