UKARAKI -IT 戦士 Blog-

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカーコンフェデレーションズカップ2013】メキシコ戦

<<   作成日時 : 2013/06/25 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【試合結果】日本 1-2 メキシコ (中立地:ブラジル)
【予想スコア】日本の勝利(2-1)
【個人的着目選手】岡崎選手、遠藤選手

日本時間23日4:00からの試合を、リアルタイムでTV観戦しました。お互いにグループリーグ敗退が決まった同士ですが、勝利で終わって欲しい試合です。

スターティングメンバーは、前の試合の激闘から中二日で回復しきれていないこと、長谷部選手(→細貝選手)が出場停止なことから、大幅な選手の入れ替えを予想しましたが、3人の変更にとどまっていました。(吉田選手→栗原選手、内田選手→酒井宏樹選手)

条件については、メキシコと同じはずでしたが、相手の方が運動量が多く、前後半を通じて、ほとんど相手のペースでした。特に相手10番の選手の動きが鋭く、日本の右サイドを何度も崩されて、コーナキックを与えていました。逆の左サイドについても、前半のゴール前フリーでヘディング(ポストで助かりました)や、後半に同じくマークが外れて先制点を失ったところで、ディフェンスの連携がうまくいっていなかった印象を受けました。

後半に1点をさらに失い、2点差になったところで、吉田選手が入り4-3-3になります。長友選手と、交代で入った内田選手が前にでる形になり、ザッケローニ監督の「追いつく」というメッセージが伝わって来ました。長友選手が負傷(中村憲剛選手が入る)により、20分程度で4-2-3-1に戻ることになりましたが、変わって右サイドバックに移った今野選手が積極的に上がっていたので、攻撃の姿勢は維持していました。

得点は後半30分を過ぎて、ひと通りの交代が終わってから生まれました。中村選手が入ったことで、遠藤選手が前に上る機会が増え、岡崎選手の得点アシストが生まれました。ロスタイムの時点であと1点差、相手のPKを川島選手が気迫で止めて、ここで追いつくしかないと思いましたが、攻めきれずにタイムアップとなりました。

最終的にコンフェデレーションズカップは3戦3敗となりました。アジア予選をトップで通過した実績であれば、グループリーグの突破は十分に考えられると思っていたので残念です。ただ、来月には東アジアカップがありますので、海外組以外の新選手の発掘や、ベテラン選手の復帰と、すでに前向きな気持で、日本代表のレベルアップを期待しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【サッカーコンフェデレーションズカップ2013】メキシコ戦 UKARAKI -IT 戦士 Blog- /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる